髪の毛の太さや硬さが決まる要因

髪の毛の太さや硬さは人によって大きく違っていますが、これが決まる要因にはコルテックスという名前の物質をあげることができます。コルテックスは皮質と呼ばれるものであり、髪の毛のしなやかさや強さを生むものだと言えるでしょう。

これはマクロフィブリルと呼ばれる繊維状のケラチンや間充物質から形成されており、コルテックスの量が多ければ髪が太く、少ないと細くなってしまいます。強さに関係するものなので、多いほど太いだけではなく硬い髪の毛になってしまうことを知っておくと良いでしょう。

この物質が少なくなると細い髪の毛になるだけではなく、しなやかさがなく切れやすいものになってしまうことが多いことも理解しておく必要があります。

投稿者について

admin