白髪と加齢

白髪のイメージを良しと捉えない人びとが少なくないようですが、そもそも白髪はどうして加齢とともにあらわれるのでしょう。白髪と黒髪のちがいは髪の成分に含まれる「メラニン」の量によって変わるようなのです。

黒髪にはメラニン色素の量が多く、白髪にはメラニン色素の量がほとんど含まれていないようなのです。黒髪に多く含まれているメラニンは毛球にあるメラノサイトで作られているようなのですが、白髪にメラニンの量が少ないのは毛球にあるメラノサイトの働きが低下しているなどと考えられているようです。

一般的にメラノサイトの働きの低下は加齢が原因であるといった説明が行われているようですが、若白髪など比較的年齢の若い層の若者たちも白髪になるケースがみあっれることから、白髪の原因を「加齢」一言でそのメカニズムとすることは困難であるようです。

投稿者について

admin